標準偏差を求める(標準偏差 STDEVP関数)

知らないIT用語もこれで解決!IT単語帳
リクルートが運営するキーマンズネットのIT単語帳は、最初に無料会員登録が必要ですが、知りたいIT用語がすぐに調べられ、解説が詳しくたいへん便利です。また、ITキャパチャージでクイズ形式で楽しくITの知識が身につけられます。Webサイトでは、最新のIT関連の解説が満載です。ぜひ、無料会員登録して活用したいサイトです。
■ Excel STDEVP 関数 ■

Excelにおいて標準偏差を求めるときは、STDEVP関数を使います。

 ○ STDEVP関数の概要

種 別

 統計

書 式

 STDEVP(数値1,数値2・・・数値n)

機 能

 引数で指定された数値の標準偏差を求める

■ 使用例 ■

標準偏差は、データのバラツキ具合を表す指標として使われます。データのバラツキ具合を表す指標としては、標準偏差のほかに分散も使われます。標準偏差は、分散の平方根です。標準偏差のほうがデータと同じ視点で見ることができるので、わかりやすいといえるでしょう。標準偏差の数値が大きいとバラツキが大きく、逆に小さいとバラツキが小さいと判断できます。
図1は、セルC8にセルC3からC7の標準偏差を求めています。

図1●STDEVP関数の使用方法

「1日1問」仕事に役立つ知識を充電(ITキャパチャージ)
いろいろな新しいIT用語が生まれています。ITキャパチャージでは、リクルートが運営するキーマンズネットのITキャパチャージではクイズ形式でIT関連の知識を身につけることができます。また、IT用語を調べるときにIT単語帳はたいへん便利です。IT関連の分かりやすく役立つ情報が満載です。ぜひ、無料会員登録をして活用したいサイトです。

参考ページ
初級シスアド講座 統計の基礎

初級シスアド講座

初級シスアド 分野別過去問題 初級シスアド 過去問題

SQL講座

Excel講座 セキュリティー情報